↓お願いします!↓

↓コチラもよければ↓

2018/05/20

2018/05/20 【J1リーグ第14節】首位叩き!!(vsサンフレッチェ広島)

DAZN観戦です。

今シーズン強過ぎる広島相手の首位決戦。
だってここまで12勝1敗1分って!!

ただし、ここまで週に2試合ペースの連戦が続いていた広島に対し、セレッソはACLの関連で中2週間空いてます。
ここで勝てなきゃ、もう今シーズンは無理だろうくらいの有利な条件化。

スタメンに清武と健勇が復帰します。
注目は前節スーパーゴールを決めた柿谷を外してドンヒョンを使ってること。
しっかり守った上でカウンターを仕掛ける両チーム。
ある程度力勝負を挑むのでしょうか。

一言で言うと見応えのあるレベルの高い試合だったと思います。
パトリックが前線でしっかり待つ広島に対し、健勇とドンヒョンはある程度おりてきてボールを繋ぎます。

どちらかというと広島にチャンスは多くあったのですが、ヨニッチ・山下を中心に最後のところはやらせません。
またジンヒョンがこの日は大当たり。
まさに神ヒョンでした。

後半入ってすぐに清武が自分からピッチを去ります。
清武は中断期間にゆっくり完全に怪我を治して欲しい。
代わって入るのは高木。

高木からすると清武の復帰によりスタメンを外された形だったわけです。
正直開幕当初より連携の部分も息が合ってきているのは見ていて分かりましたし、本人からするとすごい悔しかったと思います。
また彼のシュートへの積極性はセレッソの中でも随一で、サポーターの気持ちも掴みかけていました。

その高木がやってくれました!
81分、ジンヒョンのロングパスをドンヒョンが競り勝つと、高木にボールが渡ります。
これを落ち着いて決め、土壇場でセレッソが先制します。

ここからは広島の猛攻に耐えるだけの時間になるだろう、と思った3分後相手ディフェンスのクリアボールがまたも高木に。
これを一瞬の躊躇なく振り抜き追加点!
まさに高木じゃないと決めれないゴールでした。

セレッソは見事に首位撃破!!

1試合少ないながらも4位で中断期間を迎えることになりました。

さてさて、天皇杯を除いてしばらくサッカーがありません。
なんだか今の日本代表にはあまり心がときめかないので、どうやって過ごすが考え中。

まあ舞洲行ったらU23見に行ったり、そんな感じなんでしょうがw。